fc2ブログ

岐阜大学ハンドボール部

岐阜大学ハンドボール部のHPです.

2022年 秋リーグ6、7戦目試合結果報告

お世話になっております
9月24、25日に行われた秋リーグ第6、7戦目の試合結果報告をさせて頂きます。

vs中京大学
18-32(前半6-16 後半12-16)
相手のサイドシュートで先制点を奪われると立て続けに失点し前半5分で1-3となります。また、オフェンスではディフェンスを崩すことが出来ず得点チャンスもなかなか生み出せない苦しい時間が続きます。その間に相手の1次2次速攻での得点を許しさらに離されてしまいます。なんとかサイドシュートやカットインで得点しますが、前半は6-16の10点ビハインドで折り返します。
後半はカットインを中心に得点し、前半より点を取ることができましたが、相手のオフェンスを止めることができず点差が縮まらないまま試合は進み18-32で敗戦しました。

vs岐阜聖徳学園大学
26-35(前半10-17 後半16-18)
先制点は許してしまったもののすぐに取り返し、前半5分までで2対2の同点となります。ここからリードを奪い自分達の流れに持っていこうとした矢先、こちらで退場者が出てしまい、4連続失点してしまいます。ここから巻き返しを狙いますが、点をとってもすぐに取り返されてしまい、点差を縮めることができないまま、さらに広げられてしまい、前半は10-17の7点ビハインドで折り返します。
後半は点を取っても取られてしまし差が縮まらない上に、後半6分以降で相手の1次速攻、2次速攻を守ることができず7連続失点してしまい、後半14分で13-26の13点ビハインドになりました。後半22分〜25分で5連続得点、26分〜28分で3連続得点するものの、追いつくことはできず26-35で敗戦しました。


中京戦、岐阜聖徳学園戦共に、守って速攻の展開を作り出すどころか相手にやられてしまい30点以上の得点を許してしまいました。試合の度にバックチェックの意識を持って練習、試合に臨んでいますがなかなか失点を防ぐことができていません。今週末の試合はどちらも勝たなければ入れ替え戦に行かなくてはならない状況に陥っています。残り少ない練習時間で少しでも改善し、残り2戦を勝ち切れるよう精一杯頑張ります。
 

続いて、今週の試合日程を連絡致します。
10月1日(土)
vs 愛知大学  会場 草薙SC 10時30分〜
10月2日 (日)
vs 南山大学  会場 中部大学 9時30分〜

引き続き応援よろしくお願い致します。
(1枚目 中京戦 2枚目 岐阜聖徳学園戦)
IMG_4370_convert_20220929160626.jpg
IMG_4374_convert_20220929160700.jpg

スポンサーサイト



PageTop

2022年 秋リーグ第4,5戦目試合結果報告

お世話になっております
9月17、18日に行われた秋リーグ第4、5戦目の試合結果報告をさせて頂きます。

vs朝日大学
21-29(前半10-15 後半11-14)
 前半3分までお互いに得点がありませんでしたが相手が速攻で得点すると試合が動き出します。相手は徐々に調子が上がっていき得点を重ねますが、こちらは攻撃が噛み合わずミスが発生し、前半10分で2-5とリードを許します。その後こちらはディフェンスで守り切る場面が出てきたこと、相手のミスが発生したことで、攻撃に転じる機会が増えました。その間にミドル、サイドシュートを中心に得点する事ができ、前半20分で8-10と点差を縮めます。しかし、ここから追い上げようという状況の中でディフェンスオフェンス共にミスが発生し相手に4連続得点を許して再び点差を広げられ前半を10-15で折り返します。
 後半は巻き返しを狙いましたが、後半開始から2連続失点してしまい、7点を追う形になります。この点差が縮まることがないまま試合は進み、21-29で敗戦しました。


vs名城大学
19-34(前半7-21 後半12-13)
 相手は個の力はもちろん、チームとしての力もかなり高かったです。力があることはわかっているので果敢に牽制を仕掛けたり、高い位置で当たったり、ずらされてもすぐにフォローに入るなど粘り強く守れるように取り組みました。しかし、当たりの強さやシュート、キープ力の高さ、パスの精度など、あらゆる面で圧倒されました。ディフェンスも堅く、思うように攻めることやシュートを打つ事ができず、シュートで終われるようにすることが精一杯の状況が続き苦しい展開となりました。前半の点差は縮まる事なく、19-34で敗戦しました。

今回の秋リーグのほとんどが序盤で点差を広げられリードを奪われ、追いかける形の苦しい状況ができてしまっています。また、朝日大学戦では点差を縮めて追いつける重要な場面でミスが起こりチャンスを逃し、取り返しがつかなくなるといった致命的な場面も見られました。秋リーグの残り4戦、立ち上がりで大きく離されないこと、ミスを減らすことが最優先課題になっているので秋リーグを終えた段階で自分達の中で後悔が残らない結果となるように取り組んでいきます。

続いて、今週の試合日程を連絡致します。
9月24日(土)
vs 中京大学  会場 岐阜大学 9時30分〜
9月25日 (日)
vs 名城大学  会場 中部大学 12時15分〜

引き続き応援よろしくお願い致します。
(1枚目 朝日大学戦  2枚目 名城大学戦)
IMG_4357_convert_20220922163751.jpg
IMG_4358_convert_20220922163815.jpg


PageTop

秋リーグ第2、3戦試合結果報告

お世話になっております
9月10、11日に行われた秋リーグ第2、3戦の試合結果報告をさせて頂きます。

vs大同大学
21-37(前半7-23 後半14-14)

今回の試合は両45とポストの2対2から崩され得点に繋げられる展開が多かったです。個の力が強く、シューターに当たりに行くとポストに、行かないとミドルシュートを打たれるといったオフェンスを止めることができませんでした。そのため、速攻に行くことも出来ず得点に繋げるチャンスが減り、苦しい時間が続きました。
オフェンスでは相手のディフェンスが堅くなかなか崩すことが出来ませんでした。序盤はミスも多く、速攻での得点を許してしまいます。サイドシュートやカットインでなんとか得点しますが点差は広がり21-37で敗戦しました。

vs愛知教育大学
20-32(前半9-17 後半11-15)

相手のサイドシュートで先制点を奪われます。その後カットインで点を取り返しますが、パスミスからの速攻で立て続けに3点取られてしまい、前半5分で4-1と離されてしまいます。
オフェンスでは、サイドへの飛ばしパス、接触されながらのパスなどをカットされてしまい、相手に簡単に得点を許してしまう場面が多かったです。ディフェンスでは相手の身体に当たってはいるものの、ボールを潰すことが出来ず、パスを振られてしまいサイドまでずらされる場面が多かったです。しかし相手は接触されながらもパスを出す所を見極めてパスを出してきたため、ずらされてしまい得点に繋げられてしまいました。退場などもあり失点を抑えることが出来ないまま20-32で敗戦しました。

大同戦ではシンプルな2対2で崩されてしまい、愛教戦ではディフェンスで相手のボールを潰し切ることができず、オフェンスではパスの見極めが甘くパスカットされてしまうといった内容になりました。今回出た課題はチーム全体で意識をもって練習で取り組んでいます。何度も同じミスが起きないように修正し、これからの試合で結果が出せるように取り組んでいきます。

続いて、今週の試合日程を連絡致します。
9月17日(土)
vs 朝日大学  会場 南山大学 9時30分〜
9月18日 (日)
vs 名城大学  会場 中部大学 12時15分〜

引き続き応援よろしくお願い致します。
IMG_4336_convert_20220916212909.jpg
IMG_4337_convert_20220916213235.jpg

PageTop

2022年 春リーグ第1戦

お世話になっております
9月3日(土)に行われた秋リーグ第1戦の試合結果報告をさせて頂きます。

vs中部大学
20-29(前半9-15 後半11-14)

相手のサイドシュートで先制点を奪われます。こちらは相手ディフェンスを崩そうと攻めますが、相手のディフェンスが堅くなかなか得点に繋がりません。その中でもサイドシュート、ミドルシュートを中心に得点を重ねていきます。ディフェンスは序盤、相手オフェンスに大きくずらされカットインやサイドシュートの得点を許してしまいましたが、徐々に修正し、粘って守りきる場面が増えていきました。しかし点差は縮まらず前半を9-15の6点ビハインドで折り返します。
後半も前半同様ミドルシュート、サイドシュートを中心に得点し、ディフェンスでは全員が足を動かしてフォローし合い守りきる形で試合は進んでいきます。しかし、前半での点差を縮めることが出来ないまま、20-29で敗戦します。

やはり4強のディフェンスは堅く、なかなか突破することは出来ませんでした。しかし、その中でも自分たちが出来ることで得点に繋げ、ディフェンスで守りきる形に持っていくことができたのは良かったです。春リーグで課題としていたバックチェックも意識を持ってプレーできており、速攻での失点も以前より少なくなっています。秋リーグの1戦1戦を大切にして、怪我なく戦い抜けるよう選手一同臨んでいきます。

続いて、今週の試合日程を連絡致します。
9月10日(土)
vs 大同大学  会場 大同大学 9時30分〜
9月11日 (日)
vs愛知教育大学  会場 大同大学 15時〜

引き続き応援よろしくお願い致します。
IMG_4294_convert_20220909160655.jpg

PageTop

2022年 東海国立大会 試合結果報告

お世話になっております。
6月25日(土)、26日(日)に岐阜大学で行われた東海国立大会の試合結果を報告を致します。

岐阜大学vs三重大学
24-10 (前半13-5 後半11-5)

 サイドシュートで先制点を奪うとさらにカットインやミドルシュートで得点を奪います。ディフェンスでは強力なシューターに対し高めに出るなど自由にプレーをさせず得点を許しませんでした。前半10分以降は速攻を中心に得点し、ディフェンスやキーパーのセーブで失点を抑え13-5の8点リードで折り返します。
後半開始10分までで3度退場者が出てしまい、一時はフィールドプレーヤーが4人という状況になりました。しかし、キーパーがノーマークを止め、何とか凌ぎました。その後の後半15分、23分にも退場者か出ましたが、キーパーに助けられたこともあり失点は抑えられ、オフェンスではサイドシュート、速攻を中心に得点を重ね、24-10で勝利しました。


岐阜大学vs名古屋大学
27-26 (前半14-13 後半13-13)

 先制点はパスカットからの速攻で相手に奪われ、その後もカットイン、サイドシュートで得点を奪われます。しかし速攻、サイドシュートで取り返し前半10分までで4-4の同点になります。相手は一線と立体のディフェンスを使い分け、こちらはそれをうまく崩すことができず苦しい時間もありましたが、スペースを攻めずらしてサイドが飛び込みシュートを決めて得点します。ディフェンスでは相手の両45を中心にミドルシュート、ずらしてサイドシュートまで持ち込まれ得点されてしまいました。1、2点リードしながら試合は進みましたが、なかなか差を開くことができず前半は14-13の1点リードで終えます。
 後半開始から互いにミドルシュート、カットインで得点します。こちらはフローターの1対1からずらしていきサイドシュート、ポストシュートでの得点を重ねていきます。後半15分、相手のワンマン速攻を止め、ライン際に転がったボールをキーパーがとろうした際、相手と接触し足を痛めてしまい、交代せざるを得ない状況に陥りました。キーパーは1人しかおらず代打でフィールドプレーヤーが入りました。この状況の中でもディフェンスから攻撃に繋げ、大量失点することなくリードを守りました。後半20分頃からキーパーが戻り、1、2点のリードを守ったまま試合は進み27-26で勝利しました。


 今回も序盤は相手のペースで試合が進んでいた事や試合後半でのキーパーの不在、試合中の怪我でメンバー交代するなどのアクシデントがあった中でも試合を勝ち抜き優勝できたことは良かったです。また、リーグ戦で出たバックチェックや速攻での得点などの課題は改善されてきており良くなっています。しかし、今回は立体ディフェンスの攻めがうまくできておらずミスが発生し相手のペースに持ち込まれる状況がありました。今後の練習では秋リーグに向けて、バックチェックや速攻などにはこだわり続けていき、オフェンスの対応力をつけていけるように練習に臨んでいきます。

 今回会場にお越しくださった皆様、応援ありがとうございました。また、今回はご都合がつかなかった皆様も機会がありましたら是非お越しください。これからも引き続き応援よろしくお願い致します。
IMG_3835_convert_20220627172059.jpg

PageTop